Binance Transaction Fee

BinanceとCoinbaseは、最高の仮想通貨取引所の一つです。しかし、Coinbaseの方がわずかに安全性が高いようです。

ネット上で保持される通貨は、ハッカーの標的となる可能性があり、ほとんどの取引所が侵害を経験しています。2019年にはBinanceも侵害された経験がありました。
一方、Coinbaseはニューヨークタイムズに対し、ハッキングされたことは一度もなく、2021年4月までの1年間でのアカウント乗っ取りは0.004%のユーザーのみが経験したと述べています。

Binanceの手数料

Binanceには、取引手数料があります。手数料は、取引ごとに一定の割合でかかります。手数料の金額は、取引の種類によって異なります。

取引手数料の種類

Binanceでは、メーカー手数料とテイカー手数料の2つの種類があります。

メーカー手数料

メーカー手数料は、取引の注文をブックに追加することで発生します。つまり、新しい注文を作成する場合にメーカー手数料がかかります。メーカー手数料は一般的にテイカー手数料よりも低く設定されています。

テイカー手数料

テイカー手数料は、既存の注文を執行することで発生します。つまり、既存の注文に対して取引を行う場合にテイカー手数料がかかります。テイカー手数料は一般的にメーカー手数料よりも高く設定されています。

手数料の計算方法

Binanceの手数料は、取引のボリュームや取引の種類によって異なります。手数料はパーセンテージで表されます。

たとえば、取引のボリュームが1 BTCでメーカー手数料が0.1%、テイカー手数料が0.2%の場合、メーカー手数料は1 BTCの0.1%、つまり0.001 BTCであり、テイカー手数料は1 BTCの0.2%、つまり0.002 BTCです。

結論

Binanceは一定の手数料が発生するため、取引を行う際には手数料を考慮する必要があります。手数料は取引の種類によって異なるため、取引前に手数料の計算を行っておくことが重要です。また、Binance以外の取引所も手数料の面で比較検討することをおすすめします。

Binanceの手数料について理解することは、仮想通貨取引を始める上で重要です。手数料の計算や種類について知識を持つことで、より効果的な取引が行えるでしょう。

Related Posts